動機は肉体感覚の中にある

筋力トレーニングをするのは、体を鍛えるためじゃなくて、デスクワークのエネルギー消費から回復するため。

 

ブログを書くのはアクセスを集めるためではなくて、PCキーボードの軽快なタッチを楽しみ、意識と指先の絶妙なワルツを楽しむため。

 

糖質制限をするのは体重を落とすためではなくて、食後に死にたいほど眠くならずに、ホルモンの状態を保つため。

 

読書は賢くなるためではなく、今この瞬間の体験を楽しむため、そしてページをめくる時の手触りや、音や、陰影を楽しむために。

 

動機と行為がマッチした場合に、それは強力な習慣に変わる。

この動機はすぐに逃げたり、別物にすり替わろうとするので、注意深くその中心を捉える必要がある。

 

思考ではなく、肉体的な感覚としての「動機」のようなもの。