教団X 読了

引き込まれた。

 

 

f:id:yumainaura:20170809231942p:plain

 

これだけの情報量。

「巻末に参考文献でも載せてほしいぐらいだ」と思ったら、本当に載っていた。

 

自分の関心領域とマッチする部分が多い。

(仏教と意識/脳)

 

f:id:yumainaura:20170809232027p:plain

 

小説を読み終えると、まるで洗脳から解かれたように、現実世界に戻ってくるわけだけれど。

それはひとつの洗脳を解かれて、もうひとつの洗脳に回帰するのと同じことだ。

 

必要なことは全て本編で書かれてしまっていて、この小説に対して、誰が何を感想として書いたとしても、何の補足にもならず、ただ歯がゆい文章になりそうな気がする。