本のフォントサイズによって別の本になる

たとえばKindle で本を読んでいても、

フォントサイズを一段階変えるだけで、まったく体験が変わってしまう。

 

紙の本でも、単行本か文庫版かで。

 

「同じ文字なら、同じ本」じゃない。

違う本になってしまう。

 

理由は分からないけど。

いちどに目に入ってくる文字情報の量とか、目線が折り返す回数とか、そういうことが関係しているのかもしれない。

 

そういえば、二段組の本は絶対に読む気にはならない。