夜中に起きて

やがてくる死について、考えない日はない。


33年も生きていると、体のあちこちに少しずつだが、支障が出てくる。


生まれた時からすぐに、だんだんと肉体は滅びてゆくものだ。