誰かがカフェの椅子を、別の席に持っていった

 

f:id:yumainaura:20170811225342p:plain

 

 

僕はここに居た。

 

 

f:id:yumainaura:20170811225357p:plain

 

 

 

「二人席」が減ってしまった。

なので僕の目の前の椅子を、このように移動した。

 

 

f:id:yumainaura:20170811225415p:plain

 

 

 

ついでにテーブルの水滴も拭いて、誰かが残していった物置用のカゴも元に戻した。

 

今日のほんのちょっとした善行。

というより罪滅ぼし。

 

(二人席しか空いてなかったとはいえ、一人で二人席に座る罪悪感はすごい)

 

 

糖質は人類の健康度を下げる悪魔の栄養素だ

ぐらいに思っていたけれど、甘いものも、人間を幸福にしている部分はある。

イチゴが乗ったパリパリの多重層の奴とか、カスタードが含まれたふわふわの奴とか、きっとそれぞれに別々のクオリアを、人の舌に、味覚に与えているのだ。

 

なんてことを、パン屋のショーウィンドウを眺めながら、1秒ほど考えた。

 

写真は撮り忘れた。

幅50cm以下 奥行き40cm以下 高さ30cmぐらいのローテーブルが欲しい

のだが、どうにも見つからない。

 

幅と奥行の小さいテーブルは、背が20cmぐらいだし。

逆に背が30cmぐらいあるテーブルは、幅と奥行が大きくなる。

 

5cmの違いで、テーブルの使い勝手はめちゃくちゃ変わってくると思う。

ピタッと合う家具探しは意外と難しい。

 

オーダーメイドだろうか。

 

f:id:yumainaura:20170811221149p:plain

仮に運命が決まっているとしたら

運命は理論的に、予測可能だ。

 

すると、その予測した運命を元に、僕らは行動を変えることが出来る。

すると結果が変わる。

 

この論法では運命は決まっていないことになる。

 

 

教団Xとブッダ

本を並べてみると怪しい。

 

なまじブッダ関係の本を読むより、教団Xを読んだほうが、ブッダの思想のエッセンスについて、よく理解できるかもしれない。

本当によくできた本だ。教団X。

 

f:id:yumainaura:20170811085938p:plain

 

 

「脳はなぜ「心」を作ったのか」も参考文献として挙げられていた。

 

f:id:yumainaura:20170811090150p:plain

小説の価値はAmazonの5段階評価じゃ分からない

ほとんどの小説は3点ぐらいだとして。

 

中には100点ぐらいの小説もある。

1万点だってあるかもしれない。

 

上限知らず。

 

人に与える「インパクト」っていうのはそういうものだと思う。

上限は全く決まっていない。

 

ところで僕が本当に面白かった教団XのAmazonレビューは見ていない。

(レビューに影響されて印象が多少なりとも変わるのが恐いから)

 

f:id:yumainaura:20170811085631p:plain