スターバックス・リワードが始まったらしい

スターが溜まる。

「ポイント」とは呼ばないところがスターバックスらしい。

 

だがしかし。

「スターが溜まるから、スタバに行こうかな」というモチベーションでカフェに行くのは、不純物が交じるようで嫌かなとも思う。

 

単純に「ああ今日も抹茶のティーラテが飲みたい」という動機でドアを開けたい。

 

f:id:yumainaura:20170921225856p:plain

マルチ商法とネットワークビジネスとMLM

全部同じなのだけど、

最近は「MLM」と呼ぶ人が多くなっているのかもしれない。

 

MLMはつまりは「マルチ商法」って意味なんだけど、

たぶん世間の人が聞き慣れない言葉を選んでいるんだろう。

 

ネットワークビジネス」という単語もじわじわと知名度が上がってきたんだろうか。

 

しかしMLMの人は相変わらず、素性を隠して近づいて、何らかのパーティーに呼んだりする手法は変わらないようだ。

 

 

なぜネットワークビジネスの人はラーメンが好きなのか

男同士で食事に行く場合、高確率で選択肢はラーメンの気がする

 

- まずラーメンを嫌いな男はいない

- 飲みに行くよりずっと安い

- 男同士でラーメンを食べると、なんだか気心が知れる感じがする

 

という理由があるのかもしれない。

 

だけどだいたいのネットワークビジネスが高級サプリメントも扱っているぐらいだし、もう少し健康に気を遣った方が良いと思う。

 

時間制限する男

デートは必ず二時間区切り。

それが俺だった。

 

別に相手が嫌いなんじゃなくて、

ダラダラするのが嫌なのと、

基本的に、人と長時間一緒にいるのが苦手なのだ。

 

これが理由で離れていった相手も何人かいた。

(自分でも分かってはいるのだけど、すごく冷たく見えるらしい)

 

だけど正直、どんな人間関係であっても、

一緒に話すのは長くて2時間ぐらいで良いと思っている。

 

1日中ずっと話していても、結局話の内容なんか忘れてしまうし、質の高い時間にはならないと思う。

 

友達というラベル

たとえば「友達が欲しい」という目線で人間を見ると

 

「この人は友だちになれそうだ」とか

「この人は友達になれなさそう」とか、

 

無意識に人間関係の基準を作ってしまうんじゃないだろうか。

 

友達というのはラベルにすぎない。

実際には、ただ、人と会うという事象が起こっているだけだ。

 

だから、友達づくりというラベルを付けずに、

「ただ、人と会って、話す」

ということを味わっても良いと思う。

スターバックスの抹茶のティーラテで茶柱が立っていた

今日は良いことありそうだって思った。

 

f:id:yumainaura:20170917230956p:plain

スターバックスの容器が道端に捨てられていたら

ちゃんとゴミ箱に捨ててあげる。

スターバックスのイメージを壊さないように。

 

というぐらいにはスターバックスに愛着を持ち始めた。

 

f:id:yumainaura:20170917230728p:plain